2005/12/02

ふと気が付いた。


今 私は 部屋の荷物の片付けに追われている。
なぜなら 日本に帰る間に家賃を払いたくないから・・・。
ここは 大学の持ち物だから そういう融通が聞くが荷物はすべて 部屋から出して個人ロッカーに入れないといけない。
“結構 荷物があるなぁ”と つくづく思う。

その片付けの合間にパソコンを開いて いろいろプログを見てて・・・
ふと気が付いた。

この前書いた“天国と地獄”・・・
私 あれを書いてるとき “なぁんで いやなことが後でうれしい事が先だったんだの!”って
ちょっと 思ってた。だって ほんとに びっくりしたから。

でも・・・今考えると この順序
もし逆だったら・・・大変なことになっていた。
だって アサイメントの点数見て 動揺してたら きっと 面接でべらべらしゃべってない。
それどこか・・・面接をあきらめてたかも・・・。
その日の朝 なぜ先にそこに行ったのか覚えてない。
フレキシブルに動けたはずなのに・・・アサイメントをとりに行くのを後にした。

この日のことがなかったら・・・
私は この面接してくれたMaster of Healthの教授ともこれだけのやり取りをしなかっただろう。
面接してくれて 終わり。に なってたはずだ。
でも 単位を落としそうになったことにより 彼にメールをして
せっかく面接までしていただいたのに申し訳ない。と言うと・・・
すぐ連絡があり 何度もやり取りを繰り返した 何か道を探す為に・・・。
そして 私のおちたアサイメントを見てくれ「これは採点審議を希望しなさい。」とアドバイスもくださり
最後には「もし君がもう1つ課題を書かないといけなのなら私が指導する。だから 何も心配せず日本に帰りなさい」とまで 言ってくださった。

たった1日の出来事。
でも もしこれの2つの出来事の前後が逆だったら・・・
私は ここまでねばれてなかったかもしれない。

今・・・やっと思える。
私が マスターに行くと決めたことは間違いじゃぁない。
いろいろ迷ったけど・・・道は 続いていた。
神様が 私の浮かれた心にカツを入れてくれたのかも・・・。

すべての出来事に感謝して・・・
おやすみなさい。

2 件のコメント:

Bambina さんのコメント...

Happeningにはそれが起こる「理由」があるんですよね…。
junkoさんのようにその「事実」をしっかりと受け止めて、打開策を探し、実行する…この姿勢がこれからもjunkoさんへもっともっと素晴らしい道を開いてくれるでしょうし、ご自身がその扉を開け続けられると思います。
これからも体に気をつけて頑張ってください!
ブログでその様子を伺えること、楽しみにしています。

Junko さんのコメント...

Bambina&Manuさん。
いつもあったかく 心強いコメントを下さりありがとうございます。
事実をしっかり受け止めることは 
本当に大切なことなのかもしれません。
時々 出来ませんが・・(笑)。
Bambina&Manuさんのプログにも
また 伺います!!
ほんといつもありがとうございます。
うれしいです。